岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

第291回 6歳臼歯を虫歯から守るために★

 

前回に引き続き、今回は6歳臼歯を虫歯から守る為のケアについてお話します★

家庭でのケア

歯磨きを工夫して、家族も手助けしましょう。
 小さめの歯ブラシを、頬の方から斜めに入れて、6歳臼歯の噛み合わせの面を磨きます。
歯ブラシは毛先を歯面に当てて、小刻みに動かしましょう。
最初は家族の方が手助けしてあげましょう。

食事を規則正しく、よく噛んで食べましょう。
 生えたばかりの6歳臼歯は、まだ硬さが不十分です。唾液には口の中の細菌の繁殖を抑えたり、歯を堅く丈夫にする働きがあります。よく噛むと唾液が出てきますので、バランスの取れた食事をよく噛んで食べましょう。

 

歯科医院でのケア

フッ素で
 フッ素を歯面に塗ります。フッ素には虫歯予防効果があります!

シーラントで

 フッ素入りのセメントや合成樹脂で、噛み合わせ部分の溝をふさぎ、溝の中が汚れるのを防ぎます。

定期的な歯科検診を
 6歳臼歯は虫歯になりやすいので、定期検診で早めのチェックをしましょう(^O^)/
一般的には3カ月に1回の定期検診を♪6歳臼歯が生えてきたら、完全に生えるまでは1ヶ月に1回を目安にしましょう☆