岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

第238回 キシリトールのヒミツ②

第220回に引き続き、キシリトールシリーズ第2弾!!

「キシリトールは虫歯になりにくいって、ホント??」とか、
「なぜ良いと言われるの?」って皆さんにきかれることがよくあります・・・。
今回はそのあたりの疑問から解決していけたらと思います☆

Q5. キシリトールの効果は??

A,①キシリトールの甘さにより、唾液を出させる効果。

唾液量が増え、その唾液の成分により、虫歯になりにくくなります。

A,②歯垢中の虫歯菌を減少させ、虫歯をつくろうとするのを抑制します
キシリトールが虫歯菌のエネルギーとなる糖ではないので虫歯菌が弱り、虫歯の原因の酸が出せなくなる為です。

Q6.キシリトールはどこが違うの??

A.天然素材の糖で、虫歯菌の減少と酸が作られるのを抑制する効果がある糖は他にありません!!
(だから特別なんですね♪)

Q7.ガムとタブレットの効果の違いは??

A,ガムには噛むことで唾液を出す効果も生まれます。
ガムを噛むことが出来ない方(歯の矯正をされている方、幼児、ご年配の方)はタブレットを長時間、お口の中にとどめておくと効果的なんだそうですよ。
外国などではチョコレートなどにもキシリトールが使われているそうですが、
効果的なのが唾液を出し、口の中に長時間停滞するものであることが第一です!

今回も興味深かったですね☆
普段何気なく噛んでいるキシリトールガムには2つもの効果があったなんで驚きです!
味が無くなったからといってすぐ捨ててしまわず、しばらく噛んだ方が良いってことですね(^-^)
これから頑張ってみよーっと♪