岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

第235回 ★妊婦さんの口の中のケア②★

 

さて、①では口の中の症状の変化をお伝えしましたが、
どのように防止するかが重要ですよね?
妊娠中はつわりやホルモンの変化などで歯周病や虫歯になりやすい状況にあります。

それを防止するにはやっぱり歯磨きです!!

 

つわりなどで歯磨きがしづらい場合はなかなかする事ができませんよね?
そこで妊娠中は歯磨きの仕方を変えると楽になりますね☆

①歯磨き粉を使わない、歯ブラシだけで磨く。
(歯磨き粉の味がダメな方も多いので、いっそ使わないという方法もあります。
歯磨き粉を使わなくてもきれいに磨くことはできますよ★)

②歯ブラシを小さいものに変える。
(普段使っていた歯ブラシでもつわりの時には刺激になって使いにくいかもしれません。
なるべく口への刺激を減らすためにヘッドが小さめの物を使うようにしてみましょう☆)

③姿勢を変える。
(のどに水分がいくと嘔吐反応が出てしまう場合があります。
なるべく行かないように前かがみの姿勢になって磨くといいですね♪)

④体調が落ち着いている時に歯磨きをする。
(理想としては食後に歯磨きをするのが望ましいですが、気持ちの悪い時に歯磨きをしてもうまくできませんよね?
なので、歯磨きできそうな時に様子を見てしましょう!)

≪つわりがひどく、歯磨きすらできないという方は・・・≫

①うがいを頻繁に行う。
(口の中を清潔にして胃酸による歯の影響を防ぐ。
この時できるようであれば、うがい薬を使うといいですね☆)

②食事の最後に野菜を食べる。
(うがいすら出来ないという場合。普通に食べ終わるよりスッキリします!)

③氷をなめる。
(これも口の中をスッキリさせる効果があるようです★)



・・・などといった方法がありますが、
自分に合った方法を探してやりやすいように歯磨きをしていってみてください(^∀^)/