岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

第222回 親知らずを抜きました(+鎮静)体験!!

少し肌寒い日が続くようになりましたね。慌てて長袖とか引っ張り出したりしています。未だ夏物と冬物を入れ替えてないんすよね…。毎年恒例のタンスの中身ひっくり返しての衣替え、早くしなくてはいけないんですが(汗)


さて、私事なんですが、10月18日に初めて親知らずを抜きました。しかも、歯の頭すら生えてない全部埋まっている歯を!!実は前から時々痛くなる歯で、生えるスペースがないのか隣の歯に引っ掛かっていたような歯で、院長と岡大麻酔科の先生のご厚意で初体験の鎮静をかけて抜いて頂けることになりました。

 鎮静というのは正確には「静脈内鎮静法」といって、少しの薬を腕から注入して、患者さんに半分眠ったようなリラックスした状態で治療を受けて頂けるやり方のことです。治療中は麻酔医が全身管理するので安心。利点としては、長時間お口を開けているなどの苦痛が軽減でき、治療中のことはほとんど覚えていないので不安感のある方でも安心…などがあります。

私の抜歯は、右下の歯だけで時間にすると結局2時間掛かってはいるのですが、自分の感覚では30分~1時間ってとこかなぁですね。鎮静の薬が入ったら即寝てました(笑)。で、一眠りして起きたら終わってたという感じです。

 自分の体験の注意としては、長時間になりそうな治療の場合は(特に、鎮静かける場合なども)、始める前にトイレに行っておいた方が良いですよ。汚い話、途中行きたくて大変でした…。持ったから良かったけど(苦笑)
 あと鎮静後すぐは少しフラフラすることがあるので十分注意してくださいね。

 それで、鎮静を試した私としては、絶対お勧めです(ゴリ押し)!!次抜くならやっぱり鎮静込みでお願いしようって思ってます。

 これを機に院長先生を始め、勤務医の先生方、麻酔科の先生、スタッフの皆様に感謝です。わざわざ有り難うございました!!