岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

第185回 魔法のお薬!?

こんにちは、最近は特に冷え込みますね。雪もちらほら降ってますし。暖冬が嘘のようですね。//(*_*)//
ところで、歯医者に行きたくないと言われる患者さんの中で「痛いのが嫌だから」という理由の方もおられますが、皆さんはどうですか?

でも、ひどい虫歯になってどうしても歯を削らなければならない場合、まず何をして欲しいですか?・・・やっぱり最終的に歯が痛くない治療をして欲しいですよね☆
そういうあなたのために治療の最初はまず魔法のお薬(^_-)麻酔をします。ちょっと痛みを感じるのは針を刺す一瞬だけ、その後は安心して治療を受けられます。最後は、麻酔をして良かったと思われることでしょう。
しかし麻酔がなかった時代はどのような治療の仕方をしていたと思いますか?例えばですよ、「敏感な虫歯を鋭くとがった道具でえぐり取り、熱して軟らかくした金属を叩きながら虫歯の穴に詰め込む」とか、「歯の神経までやられた虫歯の歯を焼却するために、真っ赤に熱した鉄の棒を歯の根に押し付ける」などといった今では有り得ない乱暴な治療を、麻酔なしで行っていたそうですよ。ちょっと想像してみよう。さぁ、皆さんもご一緒に!!・・・(冷や汗)う~、ゾッとしますね。

こんなのされたらまさに拷問。でも昔の人は虫歯の痛みを耐えるより、この拷問の方がまだマシだったんでしょうか・・・(涙)
 ま、そう考えてみると皆さんも、昔よりずっと楽な気持ちで歯医者さんに行ける気分になりませんか(笑

 ちなみに石井歯科クリニックでは歯を削る前の麻酔はこんなのを使っています。

さらに針を刺す時のあの一瞬の痛みを和らげるために、歯茎の表面にこういう麻酔を塗ることもできま~す。
薬にアレルギーがある方や高血圧、糖尿病などの全身疾患をお持ちのかたなど、不安がある方はお気軽にご相談下さいネ。