岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

第116回 いろいろな歯ブラシ~PART1~

まず、どのような形の歯ブラシがあるのかみてみましょう。
色々な形の歯ブラシがありますね。
左の4本は主にお子さん用の歯ブラシです。
赤い歯ブラシは矯正患者さんに、残りの4本は歯と歯の間を磨くときに使います。

この2本は前歯がはえてきた頃(~2歳頃まで)に使うとよいでしょう。
 ピンクの丸い歯ブラシは赤ちゃん用です。この頃の赤ちゃんは何でもお口に入れようとするのでこの時期に歯ブラシの感覚に慣れていれば仕上げ磨きなどもスムーズに行う事ができるでしょう。 
右の歯ブラシは仕上げ磨き用の歯磨きです。ヘッド部分がコンパクトにできているので前歯がちゃんと磨けます。
子供のいるスタッフもこのブラシを愛用しております。握る部分が太いので赤ちゃんでもしっかり持つことができ
、おもちゃ感覚で磨けるので前歯の生え始めたお子さんにはおすすめです。

そしてこちらの2本は奥歯が生えてきた頃(1.5歳頃~)
水色の歯ブラシはお子さん用です。
先が丸いのでやさしい使用感で使いやすくなっています。
左は仕上げ磨き用です。
先が細長いので奥歯の側面や歯と歯のかみ合わせの隙間によく届きます。
お子さんが磨いた後は寝かせ磨きをしてやさしく磨いてあげましょう。

歯みがきの時きれいな水の入ったコップに磨いた後の歯ブラシを中に入れて、その水が濁っていく様子をお子さんに見せてあげると、食事をした後の口の中がどれくらい汚れているのかがわかり、歯みがきの必要性がわかっていいかもしれませんね。

今回は子供用の歯ブラシについてご紹介しました。次回は矯正患者さん向けの歯ブラシを紹介していきます。