岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

第101回 石井歯科医院探索!~⑫注射~

「注射」と聞くだけで、みなさんあまりいい思いはしないものですよね?
今回は、そんなみなさんから嫌われてしまいがちな「注射」をご紹介します。

これは表面麻酔のジェルです。
ジェルを歯ぐきに塗って数分間待つだけなので何ともありません。これをすれば歯ぐきに注射針が挿入される時の痛みが少し軽減されます。
小さなお子さんや注射が苦手な方に、注射前に使用しています。注射が苦手な方は遠慮せず、おっしゃってください!

これが嫌われ者の注射針です・・・★
紫色のキャップが細い針。
青色のキャップが普段使用している針です。
細い針を使用すれば挿入時の痛みを軽減することができます。

これは注射液。普段使用しているのは下のもの。
少量の場合は上の小さなカートリッジを使用します。

これが注射針と注射液を注射筒にセットした状態です。この状態で登場すると、肩に力が入っちゃいますよねえ(^_^;)

なんだかピストルみたいでかっこいいでしょう!?
これは電動麻酔注射器。コンピュータ制御されているので、ゆっくり低速かつ一定のスピードで注入することができます。注入時には子守唄のようなゆったりとした音楽が流れます♪

これはカートリッジウオーマーといって、麻酔液を温めるもの
37℃の体温まで温めることで、麻酔時の痛みをかなり抑えてくれます!

ご紹介したように、何種類かの注射があります。
麻酔をする時に痛みを生じるのは、針を刺す時と薬液を注入する時です。
上記でお話ししたように、針を刺す時の痛みは、より細い針を使うことにより軽減されます。
また、薬液を注入する時の痛みはよりゆっくり低速で注入することにより軽減できます。
注射が苦手な方は治療前にお話してくださいね☆