岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

第90回 診療ナビゲーション・・・⑫(歯ぐきが腫れた2)

前回、Aさん、Bさんが同じような腫れ方でしたが、診断の結果、全く違う原因であることがわかりました。


今回はその治療経過を報告します。それぞれの治療は・・・

Aさんの場合:

歯肉を切って、直接膿を出しました。

記写真より一週間が経過すると腫れていた黄色丸の部分は

腫れも引き、処置後の傷跡も
きれいに治っているのがわかります。
(10日後)

Bさんの場合:

詰め物を取り、神経の中(歯髄)から根の先にある膿を出し、薬を入れました。

上記写真より一週間が経過すると腫れていた黄色丸の部分は

神経(歯髄)を処置し、腫れが治まったことから、やはり、原因は根尖にあったようです。
歯肉の切開は行っていません。
その後、かぶせがセットされる予定です。

Aさん、Bさんそれぞれ見た目では同じような症状、腫れ方をしていましたが、レントゲン撮影により原因が全く違うため、治療方法も異なるものとなりました。


歯茎が腫れた場合、歯の周囲に問題がある場合と、歯の中に問題がある場合があります。
どちらも、進行すると歯を支えている歯槽骨が吸収して、最悪の場合、抜歯になるケースもありますので、歯茎がおかしいな?と思ったときは、かかりつけの医院で診てもらうことが大事かと思います。