岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

第89回 診療ナビゲーション・・・⑪(歯ぐきが腫れた1)

Aさん(男性三十代)Bさん(男性二十代)がそれぞれ同じような症状で来院されました。
どちらの方も、左下(画面上では右側)の奥歯の頬側が腫れて(黄色丸)いて、膿が出ていました。


Aさんの場合:

噛んだ時に痛みがあり、浮いているような感じが
するそうです。

頬側

腫れているように見られます。

先の細い器具で病巣の場所と深さを診査している
ところです。

Aさん辺縁性歯周炎でした。
歯と歯肉の間からばい菌が入り込んで、
歯根の周囲と根尖部に膿がたまっている状態でした。
赤矢印の根尖部の透過象(黒い部分)が病巣と確認できました。

Bさんの場合:

噛んだ時に痛みはないが、横から押さえると痛むそうです。

腫れているように見られます。

膿の原因をつくっている場所を特定するために、X線不透過性の材料(黄色矢印)を挿入してレントゲンを撮りました。

Bさん根尖性歯周炎でした。
ばい菌が詰め物の横から歯の神経の中(歯髄)を通って根の先まで侵入していると推察できました。
赤矢印の根尖部が膿をつくっている場所と判明、確認できました。

同じような腫れ方でしたが、上記の2症例の原因は全く違うものでした。
当然、治療法も全く異なります。


実際の治療経過については次回報告します。