岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

第44回 診療ナビゲーション・・②(変色した充填物の詰め直し)

このコーナーでは、日々の診療の中での患者さんとのやりとり、実際の治療の流れなどをお伝えできたら、
 と思っています。

      20代 女性 Nさんの場合
Nさんは奥歯の虫歯治療で通院されていたのですが、 
虫歯の治療が終わり、この機会に前歯の変色している
ところを きれいにしたいとのことでした。

 

上の前歯4本の変色している部分が気になるということで、新しく詰め直すことになりました。

 

歯に一番近い色を選んで、白いお薬をつめているところです。

 

最後に、詰めたところを磨いたら終わりです。

つめる材料はプラスチックが主成分のレジンという材料です。色調がそろって歯の色に合わ 
せて色の選択ができるので、治療後はほとんど自分の歯と見分けがつかないほどになります。

★レジンは簡便で実用的なのですが、ときに磨り減ったり変色したりするといった欠点もあります。 
 色々と改良が加えられていますが、現在のところ数年間の耐久性と言われています。
 定期検診を受けていると適切な詰め替え処置が受けられます。小さいものなら、詰め物が
 磨り減ったり、変色していても、もう一度詰め治すことでリフレッシュします。