岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

第33回 私の矯正日記・・・①

こんにちわ。暑い日がつづきますね。
石井歯科医院で働き始めて、3年目になります。日々の診療中に、歯並びが綺麗になり、顔の印象も変わり、嬉しそうな患者さんの姿を見て、ふと自分の歯並びが気になりだしました。
 小さな頃から歯科医院へ治療へ行くと、矯正をした方がいいと言われていましたが、笑った時にキラっと銀色の装置が光るイメージが強く。あんなのをつけるより、歯並びが悪い方がましだし、八重歯はチャームポイントぐらいに思っていました。
 しかし、自分の作ってもらった模型や写真を見ると、あまりにもひどいなぁと落ち込んでしまい、歯並びを良くしたいと思いました。そこで矯正治療を始めることにしました。

治療前 ①

顔と歯の中心がずれていますし、スペースがないのにかんばって生えてきたなぁという感じです。
あらためて見ると自分の歯ですけどかなりひどいです。 

ワイヤーをつけるとますますガタガタなのが強調されています。
ブラケットは透明な物(セラミック)をつけてもらったので思ったより目立ちません。
受付をしていますが、カウンターをはさんで、患者さんと会話するのですが、装置をつけている事がわからないみたいです。 

①の写真では装置をつけているのは上だけですが、上下装置をつけると大変でした。
もともと口内炎がよく出来ていたのですが、口の中はおおげさですが傷だらけでした。
矯正をしている患者さんに聞いてみると、なんともないですよと言われ、口の中の適応能力が私は悪いんだなと思いました。
最初の一ヶ月は、噛み合わせを上げないと上下装置がつかないので、奥歯の1箇所しか、上下噛み合せた時に当たっていないので、食事もやわらかい雑炊等を噛まずに食べていた状態でした。

矯正って忍耐だなぁ。まだ始めたばかりなのに、早く装置がとれる日がこないかなぁっと思っていました。

治療前 ②
③の写真は、②の写真から約2ヵ月後ワイヤーがまっすぐで、前歯がまっすぐなのがわかるでしょうか。

自分でもビックリです。やっと口の中も慣れて傷も出来なくなりましたし、何でも食べれるようになりました。

ブラッシングが難しかったり、食事をするといろいろな所へ食べものがつまり、歯ブラシを持ち歩くかなければいけないという面もありますが、日々歯並びが良くなっていくのが嬉しくて矯正を始めてよかったなぁと思っています。このスタッフからのメッセージで歯並びが良くなっていく過程をお伝えしていこうと思っています。 

受付 水島

                                           約2ヵ月後 ③