岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

歯を削る道具

歯科医院と聞いて一番に思い浮かべるのが、「キーーン」という音ですよね。

この音が嫌いで歯科医院に行くのが嫌という方が多いと思います。

しかし、虫歯の治療をするためには、この歯を削る道具は必ず必要になります。「キーーン」という音や「ゴトゴト」響く感じのときもあります。

この、削る音や感覚の違いは、歯を削る道具によって変わります。

当院で使用している道具について説明します。

 

1.エアータービンハンドピース

 

タービンは、エアーの力で高速回転して歯を削ります。

主にエナメル質や硬い金属を削るときに使用します。

先端部にある羽に高圧のエアーを送るとタービンの回転部(羽)が高速回転して、歯科医院でよく聞く「キーーン」という音が出ます。

高速回転するため熱をもちやすく冷却用の水も多くなります。

 

タービンの先には、削る器具「切削バー」を付けて使用します。

「切削バー」は色々な種類があり、使用用途によって変えます。

DSC_0024

2.コントラアングルハンドピース

 

コントラは、エンジンを内蔵していて電動で回転して歯を削ります。

主に、柔らかい組織を削ったり、研磨するときに使用し、低速回転で

「ゴトゴト」響くような感覚があります。

 

コントラ用のバーを付けて切削したり、研磨したりします。

DSC_0033

3.ストレートハンドピース

 

ストレートもエンジンを使用しています。

主に、口の外で入れ歯や仮り歯を作るときに使用し、

かぶせ物をsetするとき調整したり、研磨するときにも使用します。

DSC_0025

4.5倍速コントラ

 

「5倍速」は、コントラよりスピードが速くなったものです。

タービンよりも低速回転ですが、押し当てて削ることができるため、硬い銀歯を外したりすることができますが、エンジンの力で回転させるためタービンと比べると音が静かです。

 

高速回転で削るタービンより低速回転で削るので、水の量も少なくてすむため削っている部分が見やすいです。

そして患者様にとって一番うれしいことは、「キーーン」という音がないということです。

虫歯がある程度大きく象牙質まで広がっている治療の場合、治療のあと痛みが出たりすることがありますが、「5倍速」を使うと切削時の熱が少ないため、歯へのダメージを最小限にできるため、歯に対して優しい治療ができます。

DSC_0028