岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

インプラントのお悩みなら 岡山インプラントセンター 岡山矯正歯科センター

妊娠中の歯のリスク

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で唾液の分泌が減ったり、自浄性が低下することで歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。また女性ホルモンを利用して増える歯周病菌がいるため、妊娠していないときと比べ歯肉炎になりやすく重症化しやすい状態です。

加えてつわりによって気持ち悪くて上手く歯磨きが出来なかったり、酸味のあるものを食べたくなったり、食べ物の嗜好が変化して偏った食事になりがちだったり、間食が増えたりと不規則になったりするので、口腔内の環境が悪化しむし歯になりやすかったり歯垢が溜まりやすくなります。

1231-1

また妊娠中は免疫力が落ちます。これはホルモンバランスの変化やつわりによる栄養状態の悪化、ストレスを感じやすいこと等が原因になります。

免疫力が落ちると感染症にかかりやすくなり、こういった面でも当然感染症である歯周病にかかりやすい状態になります。

つわりの程度は人それぞれで軽い方もいれば、症状がひどい方もいます。

つわりによる嘔吐が頻繁な場合は、胃液の酸で歯がダメージを受けてしまう事も多くなります。

ホルモンバランスの変化やつわりに関しては上手くコントロールしようと思って出来ることではありません。

ちゃんと栄養バランスの良い食事をしなければ!歯磨きをしっかりしなければ!等と思っていても出来なくてストレスを感じる方もいるかもしれません。

しかしその時その時のご自分の体調によって出来るとき、出来ないときは臨機応変に、ストレスを過剰に感じないことも大切です。

656-2

少しでも心配の種を減らすためにも、歯のことに関しては定期的な検診に行ってご自分の口腔内を把握しておく、治療しないといけない歯がある場合は先延ばしにせず治療を完了しておきましょう! 

妊娠時に歯科医院に来る齋には必ず妊娠している旨を伝えて下さいね。

また体調が悪いときはくれぐれも無理をせず、お伝え下さい!