ページトップへ戻る

叢生及び開咬の方の透明トレーによる矯正症例

見えない装置を希望されていました。
透明トレーによる矯正治療の特徴として、顎間関係や大きな歯牙移動はできませんが、下記のケースのような中程度の叢生の改善には、適応といえます。
石井歯科 矯正歯科ケース13治療前
石井歯科 矯正歯科ケース13治療前
上図が初診時です。治療の中盤戦まで、裏側からの固定式装置で治療しました。
治療の後半戦に入って、下記のように透明トレーによる治療に変更しました。
石井歯科 矯正歯科ケース13治療前
石井歯科 矯正歯科ケース13治療前
叢生を改善すると、一時的に開咬状態になります。微妙な凹凸を透明トレーで修正しているところです。
石井歯科 矯正歯科ケース13治療前
石井歯科 矯正歯科ケース13治療前
3個目のトレーです。かみ合っていなかった前歯部分が少しずつ閉じてきました。
下図が治療後です。上下顎の叢生及び開咬は解消され、良好な治療結果となりました。
石井歯科 矯正歯科ケース13治療後
石井歯科 矯正歯科ケース13治療後
石井歯科 矯正歯科ケース13治療後
透明トレーによる矯正治療は、症例の選別さえ誤らなければ、非常に有効な装置の一つと言えます。