ページトップへ戻る

叢生の非抜歯及び非外科での矯正症例

上下顎ともに重度の叢生(乱杭歯)であったが、年齢(14才)を考慮し、非抜歯、非外科にて治療を行った。

治療前

石井歯科 矯正歯科ケース10治療前
石井歯科 矯正歯科ケース10治療前
石井歯科 矯正歯科ケース10治療前
石井歯科 矯正歯科ケース10治療前
石井歯科 矯正歯科ケース10治療前
上下顎ともに、歯牙の重なりが大きいが、顎の成長余力、顔貌を考慮し、非抜歯にて行うことは可能と判断しました。

治療中「7ヶ月」

石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
上顎はRPE(急速拡大装置)にて側方(左右)へ拡大しつつ、U-arch(ユーティリティーアーチ)にて前方拡大を行って歯牙の生えるスペースを作っているところです。

治療中「12ヶ月」

石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
石井歯科 矯正歯科ケース10治療中
下顎歯列は、ほぼ整いました。上顎左側犬歯のスペースを確保するために、GMDにて後方移動を行っています。

療終了時「20ヶ月目」

石井歯科 矯正歯科ケース10治療後
石井歯科 矯正歯科ケース10治療後
石井歯科 矯正歯科ケース10治療後
石井歯科 矯正歯科ケース10治療後
石井歯科 矯正歯科ケース10治療後
若年者の場合、重度な叢生でも、非抜歯で行うことが可能なケースが多いです。