ページトップへ戻る

上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生

治療前

上顎両側犬歯が唇側で上方に萌出していることと、下顎前歯部の叢生を主訴に来院された20代の女性です。
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療前
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療前
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療前
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療前
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療前
 

治療中

見えない装置(裏側矯正)を希望されましたので、上顎は裏側に装置をつけて、下顎はセラミックの白い装置としました。上顎両側犬歯を小臼歯の抜歯したスペースへ移動させました。下顎は非抜歯で叢生を改善しました。
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療中
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療中
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療中
 

治療後

上下の正中は一致し、上顎両側犬歯は歯列内に誘導されました。奥歯の咬合関係は緊密で、再配列されたことにより機能・審美ともに改善されました。
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療後
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療後
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療後
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療後
上顎犬歯の唇側転位(八重歯)による叢生 治療後