ページトップへ戻る

上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)

治療前

上下顎ともに重度の乱杭歯状態で、歯牙が萌出するスペースが不足していたため、審美障害改善のため、小臼歯の4本を便宜抜歯してそのスペースを利用して再歯列して改善することとした。
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療前
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療前
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療前
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療前
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療前
 

治療中

上下ともに前歯部には白いセラミックブラケットを装着し目立たない装置で治療を開始.叢生の改善と咬合の緊密化を図っているところである。
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療中
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療中
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療中
 

治療後

治療期間は約1年半、上下顎の叢生は改善し、上下の正中も一致し、患者さんの満足は十分に得られました。
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療後
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療後
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療後
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療後
上下歯列ともに重度の叢生(乱杭歯)治療後