ページトップへ戻る

下の左右奥歯に欠損がある方の治療症例

20代 男性
主訴  :下の左右奥歯の歯の欠損
治療期間:12ヶ月

治療前

implant-case-1-b1

石井歯科 インプラントケース1治療前
石井歯科 インプラントケース1治療前
石井歯科 インプラントケース1治療前
石井歯科 インプラントケース1治療前
下顎の左右5番相当部に欠損が認められ、両隣在歯が欠損部へ傾斜している状態でした。少し出っ歯ぎみでした

治療中

石井歯科 インプラントケース1治療中
石井歯科 インプラントケース1治療中
石井歯科 インプラントケース1治療中
矯正治療にて欠損部にインプラントを埋入できるスペースを獲得した後、インプラントを配置しました

治療後

石井歯科 インプラントケース1治療後

石井歯科 インプラントケース1治療後
石井歯科 インプラントケース1治療後
石井歯科 インプラントケース1治療後
石井歯科 インプラントケース1治療後
下顎の5番相当部にインプラント支えの被せを装着し、右上1の被せも再製しました。
審美的にも機能的にも改善されています