ページトップへ戻る

歯科での歯石除去に使用する器具にはスケーラーを用います。

硬い歯石を取るために先端が刃物になっているのが手用スケーラーです。
DSC_0116
DSC_0126

手で動かしながら刃先に歯石をひっかけて取っていきます。

 

 

そしてもう一つ超音波振動で歯石を除去する超音波スケーラーがあります。

超音波スケーラーは先端が手用スケーラーと違いチップになっています。

DSC_0127

超音波スケーラーは超音波発生装置による電気振動を振動子で機械振動に変換し得られた高振動エネルギーをチップに伝達します。それで生じる微細振動を利用して注水下で歯石を剥離、粉砕していきます。

人の手で動かして使用する手用スケーラーより効率よく歯石を除去し同時に粉砕された歯石を洗浄することができます。

またチップの種類も様々で色々な太さ、長さがあります。なので複雑な根の形や、深い歯周ポケットにも対応することができます。

 

固い、大きい歯石など手用だと除去することが大変ですが超音波スケーラーを使用することによって時間の短縮になります。

DSC_0121

使用方法は手用スケーラーと同じように歯石にチップを当てて移動させるように動かします。引っ張ったり力をかけなくても歯石が破壊されていきます。

 

便利なものですが使用時には気をつけなければいけないことがあります。

 

①歯面に一点集中して当てすぎない事です。力が強いのでそんなことをしてしまえば歯面が傷ついてしまいます。

 

②ペースメーカーを入れている方には超音波振動エネルギーが機械に影響を与える可能性があるため使用することができません。

 

正しい使用方法を守ればとても便利な機械ですので大半の歯科医院では使用されているものです。