ページトップへ戻る

第579回 SRPセミナー

先日当医院でセミナーがありました。

大阪から講師の先生をお呼びして、他医院のスタッフさんと合同で行いました。

数ヶ月前にもこのセミナーをしていただきましたが、今回はその続きでミドルコースをスタッフ一同、受けさせてもらいました。

 

SRPとはスケーリング&ルートプレーニングの略で、歯周病治療の1つです。

スケーリング=歯にこびりついた歯石や歯垢を取り除く事

ルートプレーニング=細菌で感染した歯の根の表面を取り除き、磨いて表面をツルツルにして細菌の付きにくい環境にする事

 

歯と歯茎の境目には歯周ポケットと言われる溝があります。

その溝の中にハンドスケーラーと呼ばれる専用の器具を入れて、歯の根にこびりついた歯石を取り除きます。

歯周ポケットの中に付いた歯石を放置しておくと、歯を支えている骨が溶け次第に歯が揺れてきます。これが歯周病です。

歯周病が重度になると歯を失うことにもなります。

そうならないためにも、歯周ポケットの中の歯石を取り除く事はとても重要なのです。

石井歯科 ハンドスケーラー
石井歯科 歯周ポケットの清掃

 SRPをすることで歯周病の原因となっている細菌を取り除き、歯茎の炎症を改善し、口腔内の環境をよくすることができます。

 

SRPをするにあたって、歯周ポケットの中は直接見ることができません。

なので手探りでの作業になります。

器具にあたる歯石を指先で感じることや、根面の状態を感じることがとても大切です。

石井歯科 SRPセミナー
石井歯科 SRPセミナー
セミナーの様子です。

より良いSRPをするには高い技術が必要です。

歯周ポケット内に入れる器具は鋭利なものになっているため、入れ方によっては痛みを伴うことがあります。

セミナー実習ではこのように模型を使用して練習します。

講師の先生も、1人ずつとても丁寧に教えてくださります。

スタッフ1人1人が高い技術を提供できるよう、頑張っています。