ページトップへ戻る

第561回 セラミックの詰め物

20160621172539-1
お口の中を見ると金属の詰め物が入っていて、気になる方や恥ずかしいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
金属の詰め物が多く使われている理由の1つに、保険適用といった理由があります。前回お伝えしたように、金属の詰め物も種類があり、メリットデメリットは様々です。
しかしながら、金属の詰め物はどの種類であっても見た目が審美的ではありません。
では見た目が気になる方はどのような治療があるのか。
当医院ではオールセラミックインレーとハイブリットセラミックインレーがあります。
オールセラミックインレー
金属やプラスチックを一切使用せずに作った詰め物です。
全てセラミックなので見た目や強度、どちらも優れています。
周りの歯との色調なども合わせやすく、より自然な仕上がりにできます。
半永久的に変色もありません。
金属の詰め物と比べて、お口の中が明るくなります。
またお口の中の歯茎との馴染みもいい為、歯茎に触れる歯茎の変色を防げます。
歯を全周削って被せる場合には歯茎の変色などもとても重要になります。
金属アレルギーの方にも安心して使用していただけます。


ハイブリッドセラミックインレー
ハイブリッドセラミックとはセラミックとプラスチックの中間の性質をもった材料です。このハイブリッドセラミックはフィラーという基質を高粘度に含んでいるため強度的にプラスチックよりも強くなっています。
なので力が強くかかる大臼歯にも使用できます。
見た目もオールセラミックほどではありませんが、とても優れています。
しかしプラスチックを含んでいるため、長年の使用で変色が起こったり磨り減りがあります。
ハイブリットセラミックはオールセラミックに比べるとコストも少しお安くなっています。
20160621172539-2
金属の詰め物で悩んでいらっしゃる方やこれから虫歯治療で詰め物をする方、いつでもご相談ください。