ページトップへ戻る

歯科治療でよく使われているインレーという歯の詰め物があります。
小さい虫歯などで削った部分を補填するものです。
前回ご紹介した白色のプラスチックの詰め物とは違い、削った後に型取りをして技工士さんに作っていただきます。
なので治療回数は即日詰める物よりも回数はかかります。
しかしプラスチックのものよりも、金属なので強度があるため噛む力が強くかかる奥歯の治療に多く使われます。
その金属の種類も銀色の物と金色の物があります。

■メタルインレー■
このような詰め物が入っている方や見たことがある方は多くいらっしゃると思います。

保険治療での詰め物の多くがこちらの詰め物です。

<メリット>
金属なので噛む力によっての磨り減りなどはありません。
強度が強いため、強い力のかかる部位にも使用できます。
保険治療が適用なため、比較的安価である。

<デメリット>
金属なので見た目があまり良くない。
パラジウム合金という材料を使用しているため、時間が経つと金属イオンがお口の中に溶け出し歯茎を変色させることがあります。
セメントで装着するため、長年の使用でセメントが劣化して歯と金属の境目から虫歯になりやすいこともあります。
20160520092154-1
■ゴールドインレー■
こちらは保険適用外の詰め物です。

こちらも奥歯での治療に多く使用されます。

<メリット>
こちらの詰め物は金合金でできているため柔らかい金属ですので、噛み合う歯を傷つける事がありません。ご自身の歯の硬さとよく似ている特徴があります。
適合性に優れているため、長年の使用で噛んでいるうちに歯に馴染んできます。
なので銀歯よりも境目からの虫歯になりにくいです。
金属の溶け出しもありません。

<デメリット>
銀歯と同様見た目があまり良くない。
保険外治療のため銀歯に比べると費用が高価。
20160520092154-2