ページトップへ戻る

第513回 ジルコニアとは? ①

ジルコニアとはダイアモンドの代用石としても使用されるとても硬い材料です。
ジルコニアは優れた曲げ強度によって大きな力を拡散させる作用を持っているので、そう簡単に割れたり欠けたりしません。鉄などの金属よりも硬い材質です。
人工関節に使われている臨床実績を持つジルコニアは、人体によくなじみ、無害な成分であるため、生体親和性に優れています。また、非常に軽いので、違和感がありません。金属を一切使用していないため金属アレルギーも起こらず、安定性が高いため、長期的に使い続けられる素材です。
一般には包丁や装飾品としても使用されています。
20150824153105-1
歯科ではジルコニアを削りだし歯の形にしたり、かぶせのフレームを作成することに主に使用しています。

○削りだしタイプのジルコニア(オールジルコニア)
20150824153105-2
メリット
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯肉の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
・割れにくく、欠けにくく、ほとんどの部位に使用できる
・マスキング効果に優れているため、土台の金属が透けて見えない
・変色がない

デメリット
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
・透明感が少なく、審美性があまりよくない