ページトップへ戻る

第501回 水平埋伏智歯抜歯②

先日残りの親知らず、左下の抜歯を院長にしてもらいました。
疲れた時に少し痛みがでたり、ブラッシングがしにくく歯間ブラシも使って磨いていたのですが、いつの間にか少し黒く虫歯になりかけていました。
20150623154137-1
今回はほとんど骨を削らずに抜けたようで、切開も小さく、時間も15分か20分くらいでびっくりするくらい早く抜けました!腫れ・痛みも前回よりとても軽かったです!
20150623154137-2-1
もっと黒くなっていると思っていたので、前の歯も虫歯になっていないか心配でしたが大丈夫で安心しました。

親知らずが横や斜めに生えていると、親知らずと親知らずの前の歯との間の歯周ポケットが深くなってきます。歯周ポケットが深くなってきていても症状が無いのと自分では見えないので気付きにくいです。症状が進むと前の歯が揺れてきたり、腫れる症状がでることが多いです。
気をつけていてもなかなか綺麗に磨けないので、歯周ポケットが深くなる前に抜歯することをおすすめします。
個人差はありますが、年齢も早ければ早いほど骨や歯が柔らかく、抜歯にかかる時間が短くなったり、痛み腫れの症状が早く治まったり、骨や歯茎の回復も早く傷口が早くふさがります。

なかなか自分で確認することはできないので、自覚症状が何もなくても親不知が生えている方は一度確認をしてみて下さい!