ページトップへ戻る

第497回 あじさい

6月に入りあじさいが咲き出しました。

あじさいの名前の由来は、
「あじさい」の「あじ」は「あつ」が転化したもので集まるという意味。「さい」は「真藍(さあい)」の省略。
青い花が集まっているところからつけられたそうです。
土が酸性だと青く、アルカリ性だと赤くなるようです。

今、医院にはスミダハナビとガクアジサイを飾っているので、来院された際には是非、色の違いや形の違いを見てみてください。
20150602163544-1
20150602163544-2