ページトップへ戻る

親知らずは必ず抜かなければいけないのか・・・?そういうわけではありません。抜いた方がよい場合もあれば、抜かない方がよい場合もあります。治療しなければいけない場合は、よく相談をして話を聞いたうえで早めに抜歯されることをおすすめします。
■抜いたほうが良い場合
●虫歯
 神経に達するような大きな虫歯だと、きちんと治療するのが難しいので抜歯することが多いです。しかし虫歯が小さければ治療できる場合もあります。ただ、親知らずの場合磨きにくい状況になっている場合が多く、一度虫歯になってしまった親知らずを治療しても、また虫歯になってしまう可能性が高いので、きちんと磨くのが難しい状況であれば抜歯する方がよいと思います。抜かない選択をするなら歯みがきをがんばりましょう!

●痛みや腫れの原因になっている
 うまく磨けていなくていない場合歯ぐきの周りに汚れがたまり炎症を起こします。消毒してお薬を飲んでいれば治まる場合が多いですが、再発する可能性も高いと思います。汚れがたまりやすい状況になっており、再発を繰り返すようであれば抜歯したほうが良いです。
●ちゃんと生えていないのでかみ合わせの役に立っていない
 横を向いたままになっていたり、中途半端に生えていてかみ合わせていない場合、むしろ磨きにくさからその存在が邪魔になっていることも少なくありません。ほうっておいてとなりの歯が虫歯になったりするともったいないので抜歯して手前の歯を大事にした方が得策です。
20141224102639-1
※あともう一つ、女性の場合は妊娠することで女性ホルモンの影響により口の中の炎症がおきやすくなります。妊娠性歯肉炎や妊娠性エプーリスなどという疾患もあります。もし妊娠を予定されている方は自分の親知らずの状態を診てもらって確認してください。


■抜かなくてよい親知らず
○きちんとかみ合わせている親知らず
 お口の奥行きが深く、上下ともきれいにかみ合っているような場合、抜く必要はありません。他の人より歯が多いのでラッキーです!歯ブラシが届きにくいので奥まできちんと磨いて大事にしましょう!
20141224102639-2