ページトップへ戻る

酸蝕症とは、酸によって歯が溶かされてしまうものです。進行すると、冷たいものがしみる知覚過敏のような症状を示すようになります。
酸蝕症によって溶かされた歯のことを、酸蝕歯と言います。
虫歯も細菌の出す酸によって歯が溶かされる病気ですが、こちらは原因が「酸」というよりも「細菌」なので、酸蝕症とは区別されています。
20141022095921-2
20141022095921-1
■う蝕との違い
う蝕は、プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が、糖分(炭水化物)を栄養にして「酸」をつくり、その「酸」によって歯が溶ける病気です。一方酸蝕とは口の外から入ってきた「酸」や身体の中からの「酸(胃液)」によって歯が溶ける病気です。つまりう蝕は口の中で糖から作られた酸が原因であるのに対し、酸蝕はそのままの形で入ってきた酸そのものが原因となります。
う蝕の場合は、プラーク中で酸が作られるので、歯が解けて穴となるのはプラークの付きやすい部分(歯の溝、歯と歯が隣り合う面や歯と歯茎の境目)で起こりますが、酸蝕は酸性の飲食物が口の中全体に広がり黄色くなっていくのが特徴です。しかし溶ける範囲が広くまた浅いため酸蝕症と気づきにくいです。

■酸蝕症の原因となりうる食べ物
・炭酸飲料
・スポーツドリンク
・ワイン
・お酢
・レモンやミカンなどの柑橘系果物などに含まれる果汁
・ビタミン剤などの酸性の薬剤

私たちが普段口にしている食べ物や飲み物が、知らないうちに酸蝕症の原因になっていたりするのです。

■予防法
1. 酸性飲食物をだらだら食べたり飲んだりしない。
2. 寝る前に酸性飲食物を食べたり飲んだりしない。
3. 酸性飲食物をとった後はよくうがいをする。直後にはブラッシングをしない。
酸性飲食物を多量に取るとエナメル質が柔らかくなっているので、すぐブラッシングすると歯が余計に削れます。実験的には1時間あけるのがよいとされていますが、実際はもう少し短くてもよいでしょう。