ページトップへ戻る

20140910091904-1
口の中に出来る炎症で痛くて困るのが口内炎です。お醤油などがしみたり、お口が開けにくくなったりしてなかなか治りにくく厄介ですね。

そもそも口内炎とは大きく分類した名前であって炎症の原因で治療方法は変わってきます

「アフタ性口内炎」
ストレスや疲れによる免疫力の低下、栄養不足などが原因と考えられています。一般的に最も多くみられています。
「カタル性口内炎」
物理的刺激によって起こります。入れ歯や矯正器具によって傷がついてしまったり、頬や舌を噛んでしまった時にできます。

治療方法としては
①お口の中を清潔にする
洗口液などでうがいをよくしてお口の中の殺菌消毒をしましょう。

②薬を塗る
市販に売られている薬の中には直接口内炎に塗るタイプの物や、シールタイプになって貼るものなどがあります。
医院でも軟膏タイプの物を処方しています。自分に合った物を使うのがいいと思いますが、基本日中は会話をしたり、食事をしたりするので安静に出来る就寝中に使用するのが効果的です。

③治療する
炎症が長引いている場合は病院で治療したほうが完治が早いです。
殺菌効果の高い薬を塗布したり、レーザーで焼く方法があります。つらい時には病院で相談してみてください。