ページトップへ戻る

今石井歯科では仮歯を作る練習をみんな頑張っています。
仮歯とは歯を削って最終的に出来上がるかぶせなどの鋪綴物が入るまでの間に装着する、仮の歯のことです。
用途によってテンポラリークラウンやプロビジョナルレストレーションとも呼ばれます。
20140822093538-1
前歯部においては 最終補綴物を合着するまでの間の審美問題を解決する事に、臼歯部においては咬合の安定化をはかるために用います。
その他の使用する目的としては…
外来刺激からの保護
歯髄への刺激による知覚過敏や疼痛を防止する
歯質破損の防止
咬合力や外力から残存歯質を保護する
歯周組織の保護
適切でない補綴装置による歯肉の炎症を押さえ、プラークコントロールを容易にする。また、歯冠形態を回復することにより機械的な刺激から歯周組織を保護する
といったことがあります。

即充レジンというプラスチックで出来ているので破折など起こることもありますが、修正が簡単に出来ます。