ページトップへ戻る

20140819092914-1
パノラマX線写真とは、お口の中全体を1枚におさめたX線写真で大まかな歯の状態や、骨の状態、下歯槽神経の位置などを知ることができます。親知らずの抜歯の診断、歯周病の診断、インプラント・矯正治療の診断にも役立ちます。

ただ、虫歯の診断など鮮明な画像を必要とする場合は適していません。その場合はデンタルレントゲンを撮影します。
20140819092914-2
これは実際の患者さんのパノラマX線写真ですが、どこに問題があるか分かりますか??
X線写真は、何か治療をして人工物が入っている所は白く映ります。  
     
これは、左下の部分を拡大したものです。
一番左端の歯は歯と被せの隙間から虫歯が出来ているのと、左から2番目の歯は根の先に膿ができています。患者さんに症状があるか聞いてみましたが、特に何も症状はないようでした。実際にお口の中を見ても問題ないように見えました。

神経を取った歯は数年経過するとこのような状態になっていることが多々あります。
20140819092914-3
この患者さんの場合、ここだけではなく下の前歯も黒い影があったので 詳しく調べてみると歯の神経が死んでしまっていたので根の治療が必要になりました!!


このようにX線写真を撮ってみて初めて分かることは沢山あります。
歯ぐきの中の状態は肉眼で見るのには限界があるのでX線写真を撮って診断する必要があります。