ページトップへ戻る

改装工事に伴いご迷惑をお掛けしておりますが、徐々に院内が変わってきています♪

その中でも、レントゲン室が広くなりCTの機械が新しくなりました!!
ドイツKaVo社製の『KaVo 3D eXam』という機械です。
以前のCTよりも画像が更に鮮明になり、撮影後すぐにチェアサイドで患者さんにも画像を確認して頂けるようになりました!!スタッフ同士で試しに撮影してみましたが、顎と頭がしっかり固定されるようになったので患者さんも少し楽に撮影できるようになったのではないかと思います。CTと聞くと被ばく線量が気になる方も多いとは思いますが、総合病院などで使用されている医科用CTの10分の1以下の被ばく線量で撮影できます。               
当医院では、CTは主にインプラントや矯正治療をされる場合は必ず撮影させて頂き骨の量や歯の位置などを確認し診断していきます。
20140602190012-1
それ以外にも、埋まっている親知らずの抜歯、顎関節症や歯の根の治療の時にも3次元データの豊富な情報量によりレントゲンでは診断の難しかった部分も正確に診断が行えます。

3次元的にみることにより思わぬ病巣が見つかることもあります。
今回、私も撮影をしてみて上顎洞炎が見つかったので耳鼻科に行ってみようと思います!!

診断に必要であれば撮影させて頂くこともありますし、上記の症状以外でも撮影のご希望などあればお気軽にご相談下さい!!