ページトップへ戻る

第423回 入れ歯(義歯)の種類②

ブリッジ(架工義歯(かこうぎし))

 
歯のない部分の両側にじょうぶな歯がある場合、ブリッジをつくることができます。両側の歯を削って冠をかぶせ、その間を人工の歯で補うもの  で、取り外しはできません。床(ピンクの部分)がないために、自分の歯のように使えますが、両側の歯にその分の負担がかかります。

新しい義歯を入れると、大きくてじゃまだったり、うまくかめなかったり、痛かったりします。
一度でぴったりなどということは、あまりありません。 また、あごの状態は刻々かわります。体重の増えたとき、減ったときなど、義歯は合わなくなります。
定期的に状態がどうか検診にいらして下さいね
20131022122358-1
20131022122358-2