ページトップへ戻る

第415回 母から子へ、虫歯は感染するの?

ミュータンス菌等の虫歯の原因は、生まれた赤ちゃんのお口の中には存在しません。
ミュータンス菌は硬い組織にしか住むことができないので、赤ちゃんの歯の生えていないお口の中では生きていけません。

お口の中にミュータンス菌が見つかるのは、だいたい乳歯が生えはじめる生後6ヶ月頃からです!!

では、ミュータンス菌はどこから赤ちゃんのお口に入ってお口に入ってくるのでしょう?
それは・・・赤ちゃんと触れ合う機会の多い家族から。
食事中同じスプーンを使ったり、口移しなどによって唾液を介してうつるのです。

とくにお母さんからの感染が多いので、母子感染と呼ばれています。
お母さんのお口の中の衛生状態が悪いと、ミュータンス菌が多くなり感染しやすくなります。

感染しやすい時期が、生後1歳7ヶ月から2歳7カ月の1年間です
この1年間が最も感染の危険性が高いので、注意しなければいけません。
逆にこの時期にしっかりと予防ができていると、その後はずっとミュータンス菌が感染しにくくなります。

そうはいっても食事の時や赤ちゃんを抱っこしたり、話しかけたりというスキンシップは大事なことです。
あまり神経質にならず、スプーンを別にしたり、食事の後はすぐに歯磨きをしたりすることが大切です。
キシリトールガムを噛むのもいいかもしれませんね。

20130708095121-1