ページトップへ戻る

第395回 お口の健康を守って健康体への第一歩

私たちは毎日あまり意識せず食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりしていますよね。知らず知らずに口内環境に良くない食生活をしているかも・・・。とても身近な食べ物・飲み物で体にもお口にも良い習慣をご紹介します

 「間接清掃性食品」と呼ばれている梅干や酢の物など。唾液が出ることで食物の停滞を抑え、虫歯になりにくい環境にしてくれます。

 チーズや牛乳などの乳製品や魚介類。これらはカルシウムが豊富に含まれていて、口腔内に残った食品の腐敗を防止する役割を果たしてくれるようです。ちなみにしいたけなどのビタミンDを多く含む食品はカルシウムの吸収を助けてくれるので、一緒に摂取するとより効果的です

 野菜・穀物・豆製品など植物由来の食材。ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、体の健康身はもちろん、口腔環境を守るのにも最適です。特にセロリは食物繊維を多く含むため腸内環境も改善してくれて、食べる時によく噛むことで歯ブラシの役割まで担ってくれるのだとか。とっても優秀ですね。


これから風邪をひきやすい季節ですが、そんな時日本茶にはビタミンCが多く含まれ、カテキンの抗菌作用で風邪を防ぐのに効果があるのはとても有名ですね。でも日本茶にはその他にも含まれているカテキン、フッ素などの働きにより虫歯予防作用もあるのです。食後に歯を磨く時間がない時や、風邪予防で是非お茶で口をゆすいでうがいをして下さいね。

 お口も体も健康に、是非少し意識をして取り入れてみて下さい

20121024105738-1
20121024105738-2