ページトップへ戻る

第394回 TCH(歯列接触癖) Tooth Contacting Habit

TCHとは、上下の歯を持続的に接触させる歯列接触癖のことです。
何もしていない時、唇が閉じていても上下の歯は接触していないのが普通です。

通常、1日の歯の接触時間をトータルしても20分程と言われているので、
1日のうち上下の歯が触れる時間が20分以上ある事をTCHと言います。


TCHが起こる原因は・・・

●環境の変化 (引越し・入学・入社・退職など)
●生活の変化 (細かい作業の趣味・スポーツ・入試・旅行・パソコンの使用など)
●体調の変化 (病気全般・けが・精神的な不調など)
●気候の変化 (冬・夏など)

歯を接触させる時間が長ければ長いほど歯・歯周組織・顎関節・咬筋・側頭筋に負担がかかります。
それにより、顎関節症・歯周病の悪化・口内炎の繰り返し・歯の咬耗・破折・舌や粘膜を咬みやすくなるなどの沢山の歯科的問題が起こることがあります。

対処法は、まずは自分の癖を知ることです。歯を接触させている自覚がない方が多いようなので、歯を接触させていることに気づいたら必要以上に咬み合わせないように意識することから始めましょう♪
20121013115757-1