ページトップへ戻る

第381回 体癖(たいへき)

20120421100337-1
態癖とは・・・日常生活で無意識に行っている行為の事です。

頬杖・横向き寝・うつ伏せ寝・片側咬み・くいしばり・ゆびしゃぶり・舌癖・歯ぎしり・口を使った楽器演奏etc・・・

その他にもバッグ癖(ショルダーバッグ)・職業癖などもあります。

この些細な癖が長期に渡ることにより歯を動かし、噛み合わせや歯並びに影響を及ぼす事があります。

特に、成長期のお子様の場合は成人に比べて歯が動きやすいので注意が必要です!!

態癖があると矯正治療を行う場合にも歯が動きにくかったり、矯正治療が終了した後でも歯並びが戻ってしまう可能性が高くなります。


態癖は気付いた時にやめるように努力していく事が大切です。

何か思い当たる事はありませんか??