ページトップへ戻る

第344回 ドライマウス(口腔乾燥症)とは!?

ドライマウスとは??

●原因

唾液の分泌低下には様々な原因があります。加齢、ストレス、唾液腺障害、食習慣、喫煙、全身疾患の症状、薬剤の副作用などが原因としてあげられますが、全身疾患としてはシェーグレン症候群(唾液腺や涙腺を代表とする外分泌腺の障害により、口腔や眼球の乾燥症状を特徴とする自己免疫性疾患)などがあげられます。このほかにも唾液の蒸発によるものや、心身的な問題があげられます。
日本での罹患者数は800万人とも言われています。


●症状

最大の症状は、唾液の分泌量の低下です。それに伴い、軽度であれば口腔内のネバネバ感といった不快感や、う蝕、舌苔、口臭、歯周病。
重度の場合、舌痛症や嚥下障害、構音障害、重度の口臭やう蝕、歯周病などが見られます。
20110115160029-2
ドライマウスチェック!!

以下の項目で、1つでも当てはまるものがあれば、ドライマウスの可能性があります。3つ当てはまる場合は、お医者さんに診てもらう事をお勧めします!!


1. 口の中が乾く、カラカラする
2. 水を良く飲む、いつも持参している
3. 夜中に起きて水を飲む
4. クラッカーなど乾いた食品が咬みにくい
5. 食物が飲み込みにくい
6. 口の中がネバネバする、話しにくい
7. 義歯で傷が付きやすい