ページトップへ戻る

第336回 よく噛むとどうなる??②

前回に引き続き、よく噛むとどうなる?パート②です!!

今回は③脳へ刺激がいくと④骨が成長するについてお話します★


③脳へ刺激がいく
1.記憶力や集中力を高める
  噛む刺激が脳を活性化し、脳の機能を高めます。
2.肥満防止
  脳を活性化することで食べ過ぎを防ぎ、脂肪の分解や代謝を促進します。
3.リラックス効果
  脳波を調べると、かむことでリラックス作用を表す「α波の増加とβ波の減少」が認められます。

脳のバランスを保つ生活
 ●夜更かししない!!
 ●朝ごはんをたべる!!
 ●よく噛む!よく運動する!!

④骨が成長する
噛む筋肉で大きなものは2つあります。
1つはこめかみにある「側頭筋」、もう一つは頬にある「咬筋」です。
噛むことでこれらの筋肉が働き、さらにそれによって血流が良くなり、骨に栄養と刺激を送ります。


≪ちょっとした工夫★≫
白米を玄米に変えるだけで、かむ回数がふえますよ♪その上、玄米は体にも良いです♪
おかずは大きめに切るようにしましょう!大きく切ることで、前歯で噛み切り、奥歯ですりつぶして歯をしっかり使うことができます!
20101025155339-2