ページトップへ戻る

第335回 よく噛むとどうなる??①

20101023144913-1
よく噛むと・・・

①唾液がでる
②筋肉が働く
③脳へ刺激がいく
④骨が成長する
回は、①唾液がでると②筋肉が働くについてお話します★

①唾液がでる
食べ物は口の中に入ると、筋肉の働きと共に、食べ物を飲み込みやすくするために唾液の分泌が始まります。

唾液の作用は・・・

●歯や粘膜の汚れや菌を洗い流し、虫歯予防になる
●消化を助ける
●アレルギーや発がん性物質などを無害化する
●口臭を防ぐ


しっかり噛むことで栄養が吸収できて体の成長を助け、虫歯予防になり、さらに虫歯がないことでよく噛めるようになります♪

②筋肉が働く
口の周りの筋肉は「目」や「頬」の筋肉とつながっています。しっかり噛んで口を動かす、前歯で噛む、口を閉じる、ことによって顔の筋肉が発達して、「よい顔」へと導かれます。

こんな子は注意!!
・口がポカンと開いている
・頬がだらんとしている
・食べ物が口からこぼれる
・風船が膨らませられない
・ろうそくの火が消せない


これらのことが当てはまる場合は顔の筋肉がしっかり発達していない可能性があります!
しっかり噛んで顔の筋肉を発達させましょう!!


次回は、
③脳へ刺激がく
④骨が成長する
についてお話します★   つづく
20101023144913-1