ページトップへ戻る

第325回 妊娠初期にⅩ線をあびてもいいの?

人間の胎児は10カ月間、お母さんのお腹の中で成長します。

なかでも妊娠初期は、各器官のもとになる部分が形成される重要な時期です。

この時期はⅩ線に対する感受性が高いので、Ⅹ線を浴びると障害を起こしやすくなります。

なので、Ⅹ線検査はできれば妊娠12週以降にする方がいいと言えます。


妊娠中に放射線を大量に浴びると、お腹の赤ちゃんに影響が出ることがありますが、
通常のⅩ線検査で浴びる放射線の量は非常に微量です。

「妊娠判明直前に、職場の検診でⅩ線検査を受けた」場合など、放射線の量は微量なので、心配する必要はありません。

科のⅩ線はたとえ12週以前でも胎児に障害を起こすような事はありません!!

心配な方は、さらいに鉛の入った防護エプロンを付ければⅩ線の量はほぼゼロ!!

全く心配ありません!安心して治療ができます♪
20100820143608-1