ページトップへ戻る

第288回 自分に合った歯ブラシって?

薬局やスーパーで販売されている歯ブラシは多種多様で、どれがいいか選択に迷っていらっしゃる方がほとんどだと思います。
どんな歯ブラシが適切かは、磨き方・お口の大きさ・歯並びなどによって変わってきます。


★ヘッドの大きさ
 ブラシヘッドの大きさは、前歯2本分が一度に磨けるくらいが良いでしょう。
 奥歯や磨きにくい部分は小さいヘッドの歯ブラシを使うのがオススメです!

★毛の材質
 水切れのよいナイロン製のものがよいでしょう。動物の毛を使った物もありますが、動物の毛は乾燥しにくく、不潔になりやす いので、できれば避けたほうがよいでしょう。

★毛の硬さ
 市販されている歯ブラシは<軟><ふつう><硬>の3種類がありますが、硬めの歯ブラシで長い間磨いていると、歯の表  面を削り取ったり、歯肉を痛めてしまう可能性があるので、ふつうか軟らかめがオススメです!
 軟らかい歯ブラシは歯ぐきに対してマッサージ効果もあります。

★柄の部分
 柄が変に曲がっていると、お口の中でどのような角度で歯に当たっているか分からなくなり、磨き残しが多くなるような気がします。柄の部分はまっすぐな物が良いでしょう。

★歯ブラシの寿命は?
 歯ブラシは毛先が開いてしまったら取り替えてください。だいたい1ヶ月ぐらいが目安です。
 もしも1ヶ月たたないうちに毛先が開いたりする方は、歯を磨くときに力が入りすぎているかもしれません。



お口の中の状態は一人一人違います。
自分にあった歯ブラシを知るために、歯科医院での指導を受ける事をお勧めします(*^。^*)
20100125090818-1