ページトップへ戻る

何ヶ月も何度も歯科に通い根の治療をしているがなかなか治らない、膿が止まらない・・・と、根の治療だけでは治らない場合があります。
た神経が死んで時間が経つと根の先に歯根嚢胞(しこんのうほう)という膿の袋ができます。症状が出ないことが多いのですが、レントゲンを撮った時に見つけられます。

files_364

そのまま放置すると大きくなっていき、

腫れや痛みが出ること、炎症が強く嚢

胞が大きくなると歯の周りの顎の骨を

大きく溶かすこともあるもあります!

歯根嚢胞の原因である根の中の細菌を

綺麗にするため根管治療を行い根の中

を消毒したが、改善がみられない・・・

などと、いづれも何度か根管治療を行っても歯根嚢胞や歯の根の中からの膿が止まらなかったり、歯茎の腫れが引かない場合などには歯根端切除術を行います。

根の先に溜まった膿の袋を歯茎の方から切開を入れて取り除き、感染した根の先の一部を切断する方法です。

 

痛み止めの麻酔の注射をして、嚢胞付近の歯茎を切り開いて顎の骨を削り、歯根嚢胞と歯根の先端を取り除きます。状態によっては、歯根の切断面に歯科専用の材料を詰めることもあります。その後、切り開いた歯茎を元の位置に戻し縫合します。

 

術後は・・・麻酔がきれるまでは食事を控える、食事は傷口に当たらないように行う、歯磨きは歯の周りのみで傷口の歯茎には当たらないようにする、傷口の周囲を押したり触ったりしない、抗生物質はなくなるまで飲みきること!気をつけてください。

歯根嚢胞を取り出した後は自然に骨ができてきます。
12345

治療後根の先の黒い部分が小さくなってきています

 

 

神経を失ってしまうと歯の寿命は半減すると言われています。もちろんすべての歯がそうなるわけではありませんが、寿命は確実に短くなります。

虫歯の治療から根を取らなければいけない根の治療、最終的には歯根端切除術や部分的な歯の抜歯、全部抜歯と治療をすればするほど歯の寿命はどんどんどんどん短くなります。

93f9a7024686a7df38776178e303fdf63

自分の歯で少しでも長く将来過ごすためにも、定期的な歯科の検診にいらして下さいね!