ページトップへ戻る

虫歯になりにくい食品として良く取り上げられる物としてキシリトールというものがあります。皆さん日常の中で食べられていると思いますがキシリトールとはどんな物なのでしょうか?

 

糖質の中には糖類、糖アルコールといった物が含まれています。

0c704a043a9b0830e8079d0d8e54b48b

その中の糖アルコールにキシリトールは含まれています。

糖アルコールは

①微生物の栄養源になりにくい…微生物の栄養源になりにくく、菌が繁殖しにくいため、品質保持に貢献します。また、虫歯の原因になりにくい素材です

②消火吸収されにくい…人の消化酵素で消化されにくく、吸収されにくいため、低カロリーです。また、血糖値やインシュリンレベルにも影響しません。

③酸、熱などに強い

こういった特徴があります。基本的に虫歯の原因である歯垢や、酸を作らないので虫歯になりません。

 

そしてさらにキシリトールは虫歯にならないだけでなく、虫歯の進行、発生を防ぐ特徴を持っています。

①ミュータンス菌の増殖を防ぎ、齲蝕原生が少ない細菌の形成をしていく

②プラークの量と付着性を減少させる

③脱灰を防ぎ再石灰化を促進させる

 

キシリトールの効果を得るためにはガムやタブレットを食べましょう。キシリトールができるだけ高濃度(50%以上)入っている事と、砂糖などの発酵性の甘味料が入っていない必要があります。「シュガーレス」表示を確かめるか、パッケージの成分表示を良く見て、糖類が0gで有ることと、糖質中におけるキシリトールの割合が50%を超えている事を確認しましょう。

キシリトールガム
キシリトールタブレット