ページトップへ戻る

矯正、というと・・・
0ddc2915208969e79c53949d7b0e7a40
床装置だったり
9442ede1aaaab9122f1f20879c928725
ブラケットをつけたり

と、いうイメージが強いかもしれませんが、部分矯正、プチ矯正という方法が適用される場合もあります。

すべての歯列不正に行える方法ではありませんが、軽度の叢生やすきっぱなどに有効で、アクアシステムという着脱可能な透明な矯正装置で行うことができます。


o0480046514232979544

7月はじめより、以前から気になっていた前歯の歯列不正をアクアシステムで前に出すことが可能ということでプチ矯正をはじめました!!

c736d25b6121aab26f79ea6624e82f5d
軽度の叢生でも場合によっては少し歯を削らなければならないこともありますが、私の場合は削らず可能のようです。
f1ee2e6d1af717ebde6dd9b0a9da6ee4

アクアシステムを作るのに自分の歯の型どりをして、動かしたい歯の部分はこのように調整され厚みがあります。


o0480020414232979531
口腔内が少し狭くなり舌の動きが制限されるので喋りにくく、少しずつ喋るのに慣れてはきますが特に”さしすせそ”が発音しにくいです。

初めてはめたときはとにかくきつくて痛かったのと、違和感もあるので少しつらいですが、2,3日もすれば痛みも和らぎ楽になりました!

 

アクアシステムは取り外しの装置ですが、装着時間を守らなければ治療は進まないので、なるべく食事や歯磨き以外の時ははめるようにしています!

難しいようなら最低でも12時間は装着できるようにしましょう。

 

もし少しだけ歯並びが気になるけど大掛かりに装置を付けてするのはちょっと・・・と思っている方はこのような方法もありますので、一度お気軽に相談してみてください!