岡山で矯正・審美歯科・インプラントをご検討中なら、
歯医者さんが治療に訪れる確かな腕前の石井歯科クリニックへ。
治療の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

フッ素濃度について

フッ素はさまざまな種類の歯磨き粉に配合されており、どのくらい配合されているかはNaf(500~1500ppmF)と記載されています。この数字が高ければ高いほど高濃度フッ素配合となります。

よく虫歯予防に欠かせない成分として耳にすると思いますが、フッ素は歯の脱灰を抑制し、再石灰化を促進してくれます。また、エナメル質・象牙質・セメント質など歯をつくっている歯質を強くしてくれる作用もあります。硬い歯でも酸には弱く、プラーク(歯垢)は歯の表面に付いてきれいに取り除けていないと、糖分から酸をつくります。それに接触しているエナメル質は溶けてしまいます。これが虫歯です。歯質が強ければ酸にもその分強くなります。

日々の虫歯予防として生活習慣や歯磨きによってプラークを取り除くことは大前提で大切でが、プラスαで年齢や自分の口腔内の状態、虫歯リスクによって歯磨き粉を選んで活用してみて下さい!    
             

当医院でも様々な種類の歯磨き粉を扱っていますが、チェックアップスタンダードとチェックアップジェルのミント味がリニューアルし、フッ素濃度が950ppmfから1450ppmfに上がりました。


チェックアップスタンダード


チェックアップジェル(ミント)

虫歯になったことがある方や、なりやすい方、歯茎が下がり歯の根元が見える方は虫歯リスクが高いのでおすすめです。

《注意》フッ素症というエナメル質の形成時期に過料のフッ化物を長期摂取した場合に生じるエナメル質石灰化不全のリスクがある為、6歳未満のお子さんにはフッ素濃度1000ppmを超えるハミガキ粉の使用はできません。

チェックアップジェルは味によってフッ素濃度が異なります。


チェックアップジェル(ピーチ)(グレープ)
Naf950ppmF


小さいお子さん用には
チェックアップジェル(バナナ) Naf500ppmF