ページトップへ戻る

第186回 名古屋で講演してきました

4139
3159
2195
昨日は、前日入りした名古屋で、4時間の講演をしてきました。若手中心のスタディグループの主催で、50名ほどの参加者でした。長時間にも拘わらず、みなさんとても熱心に聞いて下さり、有難うございました。何かしら気づきのある時間であったなら幸いです。

前半は、メッセージ性のあるコンテンツを織り込むよう心がけました。臨床力を高めるためには4本柱(保存・補綴・外科・矯正)をバランスよくスキルアップしていくことが重要であることを症例を通じてお話ししました。

後半の時間は、フルマウスケースを難易度別に、評価法を取り入れながら診断して治療計画を立案する手法を提示し、経験や勘に頼らないブループリントを描いて治療介入することの必要性について、複雑な補綴や矯正のマネージメントが必要な数例の症例を通してお話しました。

夢のある歯科医師人生を送るために、若い世代へ伝えたいことがあります。幹事のS先生、K先生他多くの先生方、お世話になりました。今後も交流を深めていきたいと思います。