ページトップへ戻る

第161回 講演会(エンドから支台築造まで)の案内

歯科医のスタディグループであるODC(Okayama Dentists Club)主催で、根管治療で高名な先生を招待し、下記内容の講演会を開催します。

講師の渥美先生は、エンドと接着に特に精通したこだわりの包括臨床をされています。

参加希望の場合、氏名、所属(勤務先)、連絡先(TELを当方まで、メール(info@dental-ishii.com)にてご連絡下さい。
締切は3月20日です。会場の都合上、定員に達しましたら募集を完了させて頂きます。


             記
日時:2015年4月5日(日)10:00~17:00
場所:玉井歯科商店 岡山店 〒700-0925 岡山市北区大元上町12-19
              TEL 086-244-3429

参加費:10,000 ※昼食代込、当日徴収します
講演タイトル:「予知性の高い歯内療法と支台築造を考える」
講演内容:下記前抄録を参照下さい
講師:渥美克幸先生(埼玉県 デンタルクリニックK院長)
主催:ODCOkayama Dentists Club
協賛:玉井歯科商店 岡山店
募集人数:40名
締切:2015年3月20日(※厳守)
問い合わせ:ODC事務局内(info@dental-ishii.com)

講師経歴・所属、役職:
     ・JIADS常任講師(エンドコース、補綴コース)
     ・銀座中村組 副会長(←JIADSの補綴の勉強会です)
     ・日本歯内療法学会、日本接着歯学会、日本臨床歯周病学会 等

      20023月 長崎大学歯学部歯学部 卒業
      20024月 医療法人社団歯友会 赤羽歯科 入社
      20106月 同退社
      20108月 埼玉県川口市にデンタルクリニックK開設
渥美先生は、卒後13年ですが、非常に質の高い包括臨床をされています。
 特に、エンドと接着に関しては非常にこだわりを持っていて、エンドと支台築造との関わり合いについて興味深い話が聞けると思います。
 日常臨床で頻度の高いエンド~歯冠修復の各ステップにおけるポイントを中心に講演をお願いしています。 (ODC主幹:石井彰夫)

<前抄録>

近年、歯内療法に関する講習会が数多く開催されています。最先端の知見と器材が紹介され、わかったような気分になって診療室で試してみたがうまくいかない・・・こんな経験をされたことはないでしょうか。結果が出ない原因の一つに、本来守るべき基本的な事項が疎かになっている事が挙げられます。そのため本講演では、予知性の高い歯内療法を行うために見直すべき基礎的内容から、使いこなせば強力な武器になる最先端器材まで、歯内療法に関する様々なことをお話しさせていただきたいと思います。また、歯内療法と支台築造は根管という同じ領域を扱う処置です。そのため、両者は同一のコンセプトで行う一連の処置と捉えるべきであり、また個人的には、支台築造の完了までを歯内療法の範疇としたいと考えています。そこで歯内療法の内容に加え、接着の理論、またファイバー併用レジン支台築造の理論や勘所についても詳説させていただこうと思います。