ページトップへ戻る

第145回 「矯正セミナー」を主催しました

昨々日(12/23)は、当クリニック主催の歯科医対象の「矯正のセミナー」を開催させて頂きました。遠路福山や大阪からの受講者もいて、参加頂いた方々に、明日からの臨床に即実践できる内容であったなら幸いです。意識の高い歯科医の方々との交流、ディスカッションは、私自身とても勉強になります。今後も、有益な情報、セミナー等を企画していきたいと思います。今後とも宜しくお願いします。
1533
1625
4115
6-15
404
4116
3012
3135
3134
5a14
矯正治療は、究極のMI(Minimal intervation:低浸襲)といえます。可能な限り修復治療に頼らず、歯牙の位置付けを正しくすることを、治療介入の初期段階に行うことです。矯正治療は、GPが絶対に目をつぶってはいけない、避けて通ることは許されない時代なのです!もちろん、相談・指導して頂ける有能な矯正指導医が傍らにいることが前提であることを付け加えておきます。

”これからの歯科医療は、患者さんが選択する、できる時代です。”歯科医側は、多くの治療法を提示し、メリット・デメリットを詳細に説明する義務があります。

そのためには、各分野の研鑽を均等に学ぶ必要があります。得意分野をつくる前に丸投げ分野や苦手分野を作らないよう、平均点を上げることがトータルでは高品質な治療を提供できると考えます。