ページトップへ戻る

第108回 「新HP開設」への想い!

井歯科クリニックの新HP「保健外治療専門サイト」が完成しました!

アドレスは、http://www.ishii-okayama.com/ になります。ご一読頂ければと思っています。
425
330
2-12
現在の歯科医療の大半は、言葉は適切ではないかもしれませんが、患者さんと歯科医院側の双方が”なあなあ・まあまあの関係”で行われています。

歯科医院サイドの問題点としては、”医療情報を正確に患者さんに伝えていない!”ことにつきます。

口腔の正確な医療情報を伝えるためには、各種資料(口、顔貌、全身に関して)を採得し、問題点をピックアップして、一口腔単位での治療計画をあらゆる分野から思考・熟慮して立案することが出発点です。

一方、患者さんサイドには、ご自身のお口の中の事にもっと関心を持って頂きたいです。”良質で永続性のある処置とはどのような治療なのか?”意識改革を行ってほしいです。

例を挙げれば、歯医者さん選びに、”やさしい歯医者さんとか痛くない治療、早く終わる治療”といった表面的な側面だけで判断するのはではなく、歯科医療の本質的な部分である”治療の品質”がしっかりと保たれたことが行われているかで判断してほしいのです。

ネット上に氾濫している膨大な情報の中で、何が正しいか否かを判断するのは確かに難しいことです。

ただ、異業種のサービス的発想を全面に押し出した”商業思考の強い媒体や虚偽の優しさ等”に騙されない本質を見抜く”厳しい目”を持って頂きたいです。

また、歯科医療従事者たるもの、”本道である歯科臨床のレベルアップのために生涯を通じて努力・研鑽するべき!”ということをわかって頂きたく、新サイトを通じて一般の方だけでなく、歯科関係者の方へのメッセージとして発信していきたいと思います。

保険治療の枠組みの中では、良質な医療を提供することは、到底できません。

なあなあ・まあまあの関係でその場しのぎの粗悪な歯科治療歴が繰り返されることにより、知らず知らず歯牙や歯周組織に代表される口腔の器官が崩壊していきます。
5-1
”本当の歯科医療を取り戻そう!”という気持ちでいっぱいです。そのためには、前述しましたが歯科医療従事者、一般の方(患者さん)双方の意識改革が出発点です。

自身の臨床を自分で厳しく評価し改善していくこと、そして同業の歯科医による評価を定期的に受けることによって臨床力が上がることを機会あるごとに歯科医療従事者にも発信していきたいと思います。