ページトップへ戻る

第107回 ”マイクロエンドセミナー”を開催します!

下記日時、場所にて、「エンド治療の勘所」のタイトルの下、ハンズオン(実習)主体のセミナーを企画しました。ご興味のある先生は、奮ってご参加頂ければと思います。尚、先着順で定員になり次第受付を締め切りますこと、ご了承ください。

昨今、根管治療の手法、テクニックはもちろんのこと、マテリアルやインストゥルメントも飛躍的に進歩しています。どのような場面でどの材料を使用するのか?悩まれている臨床家も多いのではないでしょうか?
今回のセミナーでは、開かない根管の開け方、破折器具の除去、再根治や貼薬時の注意点等多岐に渡る実習メインのセミナーです。拡大視野の世界も実感して頂けます。

河田裕夫先生は、各種メーカーから発売されている多種多様の器具・材料を使い尽くされており、長所・短所についても熟知されており、実り多い2日間になることと思います。歯科臨床の根幹をなすエンドに誠実に取り組まれており、ご興味のある方の参加をお待ちしています。
                                                                               石井彰夫談

                         

講演タイトル:「エンド治療の勘所」

日時:2010年11月27日(土) 10:00~18:00
         11月28日(日)  9:00~15:00  2日間コース

 
講師:河田裕夫先生(荒川区開業、東京SJCD理事、東京SJCDレギュラーコースインストラクター、
             SJCDマイクロエンドインストラクター)
場所:東美屋歯科商店 岡山支店 TEL(086)271-6868
受講費:58,000円→振込先は、後日連絡します
定員:16名(マイクロスコープは2名に1台、ルーペは1人1つ)
主催:ODC(Okayama Dentists Club)
申し込み・問い合わせ先:東美屋歯科商店 岡山支店 TEL(086)271-6868 担当;難波進まで
             (http://www.1038.co.jp/)

【講演内容】

 ・根管治療の流れ(前歯、臼歯)
 ・マイクロエンドのポイント
 ・エンド治療の材料・器具の選択
 ・エンド治療の勘所

【実習】
 ・ガッタの除去
 ・サービカルデルタ形成
 ・ニッケルチタン&超音波による拡大形成
 ・破折器具の除去法
 ・開かない根管への対処法
 ・貼薬時の注意点

【持参物】
  ・抜去歯牙(前歯でも臼歯でも4~5本ずつ)
   (注意事項)1.天蓋を除去してきてください。その際、あまり大きく開けすぎないように注意して下さい
            (髄角が少し残っていてもかまわない程度)
           2.
感染根管処置が行われたものが理想です。GPポイントが入ったものだと尚いいです
           3.乾燥させないように持って来て頂いたほうがやりやすいと思います
  ・日頃お使いのエンド用器具一式
    ラルゴリーマー、ファイル類、エキスプローラー、ルートキャナルプラガー、アルコールランプ、
    ダッペングラス、根管洗浄用のキット、各種薬剤
  ・拡大鏡(お持ちであれば)
 ※超音波スケーラーやマイクロスコープ、エンド用モーター、K3ファイル、エンド用チップ、エンド用深針、
   ミラーなどの器材については、2名に1名分を主催者側で準備します。
   しかし、ご自身で超音波スケーラーを占有したい場合や使い慣れた器具・器材をお使いの方は、
   各自持参下さい。メーカーや種類は問いません。

 ※不明な点については、(株)東美屋歯科商店の難波さん、又は「石井歯科クリニック」の石井
   (info@dental-ishii.com.)まで、何なりと問い合わせ下さい。

以下をご記入の上、この用紙をファックス(0120-88-4908)までお送り下さい。




エンド治療の勘所 (2010.11.27~28.) 申し込み用紙

お名前:

歯科医院名(勤務先名):

医院住所(勤務先住所)

住所

TEL:

FAX:

E-MAIL

問い合わせ・申し込みについては、東美屋歯科商店 岡山支店 難波 まで  Tel:(086)271-6868